日本の麺文化について比較してみよう

子供から大人まで、老若男女が愛するラーメン、食べたことがない人はきっと一人もいないことでしょう。近年ではラーメン博物館といって色々な種類のラーメンが食べれる商業施設もできるほど、その人気は高いものとなっています。  ラーメンとは汁(スープ)に茹でた中華麺を入れた日本の料理。日本では国民食と呼ばれるほど広く親しまれ、日本以外の地域でも 知名度の高い日本食である。  麺は、鹹水(かんすい)を使用した?を用いることが多く、日本のうどんや中国の麺料理とは異なるラーメン独特の色と食感がある。

2069

 ここ最近、中国では日本のラーメンが結構な人気になっています。中国ではラーメンのチェーン店がかなり広まっていますし、日本に来た中国の方でラーメンにハマる方もかなり多いそうです。 中には取引先の中国のお偉いさんがラーメンにハマってしまったせいで、日本での接待の〆が必ずラーメンになったり、宿泊施設の近くのラーメン屋のハシゴのお供をしなければならなくなるといったこともあるそうです。 中国でも日本食については健康志向や何かしらのブームが時折起こったりするのですが、ラーメンの人気はそれとは違う「中国人の好みに合った」という感じの人気と広まり方のようですね。  中国でのラーメンの人気について、どうやら「スープ」、それも「とんこつ」スープで、最後まで飲み干せるスープであるのが大きな理由のようです。醤油ラーメンでは、中国のそれとさほど大差なく、あえて食べようという気にはならないみたいです。

Copyright ©All rights reserved.日本の麺文化について比較してみよう.