バコロド珍味

バコロドかどうかはわかりませんが、うちの会社の社長が度々フィリピンに出張に行きます。その度にお土産を買ってきてくれるのですが、チチャコーンというとうもろこしを揚げた?ものがとても美味しく、我が家の子供が大喜びで食べます。いろんなフレーバーがあるのでネットで調べてみると良いと思います。あとはポルボルンというほろほろしたクッキーのようなお菓子がとても美味しいです。これはあまりの美味しさに楽天で購入してしまいました。こちらもいろんな味があるので食べ比べをしてみると良いと思います。バコロド市とは、フィリピンのネグロス島の北側に位置する島では最大の都市です。フィリピンの中でも治安がよく一番安全な街といわれており、別名City of Smiles「微笑みの街」とよばれています。呼び名がしめすとおり、住民の方々はいつも笑顔で穏やかでとても親しみやすい街といわれています。毎年10月にはマスカラフェスティバルという大きなお祭りがおこなわれ多くの人々で賑やかになります。マスは[多く]の意味を持ち、カラは[顔]という意味をもっています。多くの笑顔を取り戻す、を目的に開催されたお祭りです。お祭り当日はたくさんの人々の笑顔で埋め尽くされます。
珍味といえば私はピータンが大好きです。晩酌を毎日欠かさない私にとって様々な珍味はとても魅力的なものです。なので、このパドコロ珍味というものも、とても興味があります。

バコロド市は、フィリピンの在来の珍味のトップの生産者のうちの1人、および誇れるBacolodnonsがそうである人気製品のうちの1つです、Piaya。地方中の他の田舎とのように、バコロド市には特別の珍味を生むことに関与する多くの会社があります。それらの各々は、バコロド市だけでなく近隣の市および地方自治体からの異なる在来の珍味を専門としました。それらは異なる種類の珍味を生むのに互いに競争率が高い。それらは市を訪れた外国・地方の人々へのバコロド市の国産品を披露するために実際に非常に助けになります。

お菓子

バコロドは、単にそれらの地域で見つけることができる甘い珍味で有名です。Piayaは、フィリピンの異なるエリアにおいて有名な地方の食糧のうちの1つです。Piayaは、通常甘くなり風味をつけた充満で満たされる、一種の半水平なペストリーです、小豆ペースト。別のものはBiscochoです。それは、イタリアのペストリーに高度に似ています、ビスコット--同じ外観および味を持っていること

バロット

フィリピンをとりあげた番組では必ずといっていいほどに紹介されるフィリピンの珍味バロット。見た目はいっけん普通のゆで卵。中身は孵化寸前のアヒルの受精卵をゆでたもので、すでに鳥の姿をしているため、なじみのない人からしたらかなりグロテスクなものとなっている。但し栄養満点で滋養強壮によいとされており、フィリピンでは親しまれている味である。日本人などの海外からの観光客は怖いもの見たさで注文する人が多いようだが、やはり見た目が見た目だけになかなか最初の一口が食べられない人が多い。

訪問歯科 横浜 青葉区 ハノイ マッサージ 99 6/4

Copyright © 2010. All rights reserved. バコロド珍味.